学科TOP
主要論文:

(1) “Efficient 1,8- and 1,9-asymmetric inductions in the Grignard reaction of δ- and ε-keto esters of 1,1’-binaphthalen-2-ols with an oligoether tether as the 2’-substituent: application to the  synthesis of (-)-malyngolide”

J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1, 645-653 (2001).

(2) “Pseudo-macrocyclic chelation control in remote asymmetric induction. Highly efficient 1,7-asymmetric inductive hydride reduction and Grignard reaction of γ-keto esters of 1,1’-binaphthalen-2-ols bearing an appropriate oligoether group as the 2’-substituent”

J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1, 1685-1694 (1999).

(3) “Efficient 1,8- to 1,12-asymmetric induction in Grignard reactions of ω-keto esters by using BINOL or its 2’-oligoether derivatives as the chiral auxiliary”

J. Chem. Soc., Perkin Trans. 1, 1141-1142 (1999).

(4) “New Entry to Chiral Base Catalyst. Asymmetric Michael Addition of α-Substituted β-Keto Esters to Methyl Vinyl Ketone Catalyzed by Podand-type Alkali Metal 2'-Substituted 1,1'-Binaphthalene-2-oxides”

Chem. Lett., 957-958 (1995).

(5) “Asymmetric [2+2] Cycloaddition of Ketene with Aldehydes Catalysed by Chiral Bissulfonamide-Trialkylaluminium Complexes”

J. Chem. Soc., Chem. Comm., 2281-2282 (1994).

主な研究設備(共同利用設備を含む):

超電導核磁気共鳴測定装置(Bruker 製 AVANCE400 型)
高速液体クロマトグラフ質量分析装置(日立製 M-8000 型)
フーリエ変換赤外分光測定装置(Perkin Elmer 製 Spectrum One 型)
紫外吸収分光測定装置(島津製 UV-2400PC 型)
旋光度計(日本分光製 DIP-1000 型)
分析用および分取用高速液体クロマトグラフ装置
キャピラリーカラム用ガスクロマトグラフ装置
研究テーマ:

1.新規光学活性高分子の合成と触媒・材料などへの応用
2.新規不斉触媒の開発と有用物質合成への応用
研究室の教育研究方針:

環境に優しい化学技術の発展に寄与することを目標に、分子やイオンの厳密な識別能力(分子認識能力)を持つ触媒や分離材料の開発研究を行っています。学生にとっては、この過程で専門知識、実験技術、調査能力、プレゼンテーション能力を身に付けることが目標になります。また、研究室での生活は、異なった年齢と立場の仲間たちと一緒に仕事を行う訓練ともなります。社会に出ても困らないような社会常識と心構えを身に付ける場でもあると考えています。
Tamai Lab.
Molecular Recognition Technology
Laboratory of
教員紹介
学生のページ
分子認識工学研究室